脱毛器おすすめランキングゼミ | ケノンvsトリア!家庭用脱毛器の口コミ&人気調査

脱毛器おすすめランキングゼミ

5つの脱毛器を試した結果、オススメはケノン!


私が購入して身を持って体験した家庭用脱毛器は、ケノン、トリア、光エステ、ノーノーヘア、ソイエの5種類。 その中でも一番のおすすめは「ケノン」です!

ポイント1:脱毛サロンでも人気のフラッシュ(光)方式で、高い脱毛効果

脱毛器の脱毛方式にはレーザー式やフラッシュ(光)式などいろいろな方法がありますが、エステサロンでも圧倒的に人気なのが「フラッシュ方式」。

理由は、レーザー式と異なり光の出力が低く抑えられているので施術するのに医師免許が必要でなく、取り扱いが容易なのにも関わらず、脱毛効果が高いからです。

また、「フラッシュ方式」で利用されるIPL(インテンスパルスライト)は、もともと、美肌目的のエステサロンで使用されていたものなので、シミや赤ら顔の低減など、美肌効果も期待できます。

ケノンは脱毛サロンと同等、業界最大級の出力レベルで根深いムダ毛も撃退可能。

出力レベルを10段階で調整でき、6回までの連射も選択可能です。部位にあったレベルを自由にアレンジできるため、他の脱毛器にはない「効率的・効果的」な脱毛ができました。

ポイント2:家庭用脱毛器の中では照射回数が最小限!痛くない!

エステサロンと家庭用脱毛器の一番の違い、それは「痛み」。 脱毛の痛みの原因は、機器が小さくて照射回数が多くなることで肌に負担がかかることにあります。 しかし、ケノンは家庭用脱毛器としては圧倒的な照射面積を持ち、非常に少ない回数で脱毛することができます。出力レベルと連射回数の調整度合いもNo1なので、自分に合わせたケアを選ぶことが可能です。

ポイント3:カンタン脱毛!軽くて使いやすく、お手入れ不要

ケノンは家庭用脱毛器の中で二番目に人気のトリアに比べ、重さが約1/4と非常に軽いです。バッテリーではなくコンセント式なので充電などの準備も不要。

脱毛器はある程度利用するとカートリッジを交換する必要がありますが、もっとも耐久力が高くしかも安い!お手入れ・メンテナンスの手間が無く、簡単に使えるから「結局、めんどうになって押入れに閉まってから使わないや…」ということがありません。

その他、ケノンならではの特徴とは!?

最初にケノンを買えばよかったなぁと今では本気で思ってるけど、他の脱毛器と比較できたからこそそう思うのかも?と自分を慰めてます。

ケノンのおすすめポイントは他にもあります。

  • オプションで「まゆ毛脱毛器」を購入すれば眉毛の脱毛も可能だし、美顔用のカートリッジを使えば美顔器としても使えます。
  • 敏感肌用にフラッシュの高速連射機能(6連射)を備えており、比較的低出力のフラッシュを連射することにより、肌に負担をかけない脱毛処理が可能。
  • フラッシュのカードリッジには寿命があるのですが、最初に付属しているカードリッジで20万発の照射が可能。本体と同時に割引価格で交換用のカードリッジを購入しておけば、1発0.0185円という安さでフラッシュが可能なので、ランニングコストが圧倒的に安い。
  • カードリッジさえ交換すれば、新品同様の出力で半永久的に使用可能(レーザータイプは、本体を買い替えたり、バッテリーを交換する必要があります)。
  • 2012~2014年楽天家電年間ランキング1位を獲得した人気商品。
  • 日本製の商品なので、表示も日本語でわかりやすく安心感大。
  • クレジットカード不要で購入でき、クレジットカードを利用すれば3,000円からの分割払いも可の、購入者思いのシステムあり。
  • しかも公式サイトでは時々キャンペーンがあり、お得に購入できたりします。
  • ちなみに本社は入居審査が厳しいと有名な東京新宿のオペラシティタワー13Fにあります。 決して安い買い物ではないので、しっかりした会社のものが安心ですよね。

東京オペラシティ迷っている方も多いと思いますが、脱毛したいと思った時が脱毛時! 悩んでいる暇に脱毛しちゃって、ツルツルお肌を手に入れましょう!!


ケノンの定価は98,000円ですが、 今だけ69,990円のキャンペーン中です。


お得なキャンペーンをチェックする

私の試した脱毛器を表で比較


商品 ここがマイナス ここが良かった 結論
ケノン
ケノン
98,000円→69,900円 フラッシュ式

ワキ:◯
うで:◯
あし:◯
背中:◯
腹部:◯
指:◯
ひげ:◯
ビキニライン:◯
眉毛:◯
本体価格がちょっと高い。 でも1ショットあたり0.0185円。 コストパフォーマンスを考えると一番安いかも…。 痛みを感じない。 連射機能が良い。 眉毛もOK! Vラインもラクラク。脱毛効果に満足。美顔器機能付き。 脱毛効果、使いやすさ、痛さで選んだらピカイチ! 買うなら、絶対ケノン。
トリア
トリア
56,800円
レーザー式

ワキ:◯
うで:◯
あし:◯
背中:◯
腹部:◯
指:◯
ひげ:×
ビキニライン:◯
眉毛:×
2013年夏にグレードアップし、出力もUPとのことだが、相変わらずの 照射面積の狭さ。ボディもアンバランスで重たいところもあまり変わらない。 脱毛効果が高いレーザー脱毛にこだわるならアリ。 照射面積が狭いので、指毛やデリケートゾーンには使いやすい。 コードレスなのは良い。 使いやすさや痛みに関係なくレーザー脱毛にこだわりたい なら、どうぞ!
光エステ
光エステ
オープン価格
フラッシュ式

ワキ:◯
うで:◯
あし:◯
背中:◯
腹部:◯
指:◯
ひげ:×
ビキニライン:◯
眉毛:×
フラッシュ脱毛だが、出力が弱いのかあまり脱毛効果が感じられずに物足りない。照射面がすぐに汚れるのも気になる。 大手パナソニック製といった、安心感。 照射パワーが弱い感じがする分、肌には優しそう。 お手頃価格(実売2万円弱)はウレシイ。 とりあえず安くフラッシュ脱毛を試したいなら。なんちゃって脱毛♪
ノーノーヘア
ノーノーヘア
オープン価格
サーミコン式

ワキ:◯
うで:◯
あし:◯
背中:◯
腹部:◯
指:◯
ひげ:◯
ビキニライン:◯
眉毛:×
ムダ毛を熱処理するので熱い。毛が焼けるニオイが、とにかくくさい。バッファーで、肌に残った毛を取り除くのが面倒。 充電式で、どこででも使える。 コンパクトなので、持ち運びカンタン。 表面上の脱毛でOKならいいかも。 なぜか全世界では売れている脱毛器を自分でも体験したいなら…。
ソイエ
ソイエ
28,381円
オープン価格

ワキ:◯
うで:◯
あし:◯
背中:◯
腹部:◯
指:◯
ひげ:◯
ビキニライン:◯
眉毛:×
毛を抜くのでとにかく痛い。脱毛後は、肌が赤くなる。 敏感肌、痛みを感じやすい人には不向き。 水洗いできるので清潔。 足の角質もケアできる。 お風呂で使えるのがいい。 痛みを感じないと、やった気がしない!抜いてこそ脱毛! という方に。

おすすめはケノン

自分で使ってみた結果、おすすめはケノンです!
自分で使ってみた結果、おすすめはケノンです!
98,000円→キャンペーン価格をチェック
0.0185円/1ショットのランニングコスト
連射機能で敏感肌でも使える

お得なキャンペーンをチェックする

【動画あり】人気の脱毛器ケノンvsトリア。実際に比較してみました

5つの脱毛器の中でも、特に気になるのは世間でも人気のケノンとトリアではないでしょうか? ケノンは、フラッシュ式、トリアはレーザー式の家庭用脱毛器です。

せっかく両方の商品を持っているので、実際の使い心地を動画で検証してみました。

家庭用脱毛器の人気ランキングで常に上位を占めているのが、ケノンとトリアです。どっちにしようか迷っている人も多いと思うので、詳しく比較してみます。

一番重要!痛みの比較

<ケノンとトリア 比較体験編>
まず、ケノンはフラッシュ脱毛で、トリアはレーザー脱毛です。痛みの少なさでいえば、ケノン の圧勝です。ダイオードレーザーのトリアは、出力レベルが高く、輪ゴムで強くはじかれたような痛みがあり、人によっては耐えられないほどの痛みを感じる人もいるようです。

また、トリアの照射面積はたったの1.0平方センチメートルと、ケノンの9.25平方センチメートルに対してとても狭く、時間もかかるので、それだけ長い間痛みに耐えなければいけません。この痛みに我慢できず、トリアからケノンに乗り換える人も多いようです。一方、フラッシュ脱毛であるケノンは、レーザー式のトリアに比べてほとんど痛みがありません。もちろん光の出力レベルを上げると、それなりの痛みもでてきますが、私の場合、レベル1~10のうち、レベル6くらいまでは、痛みはそれほど気になりませでした!最短0.4秒という短い時間で強力な光を発生させることができるので、痛みと肌負担の軽減が実現できるんです♪ 

そのうえ、広範囲を一度に脱毛できるので、所要時間も短縮できるのが嬉しい!



<ケノン 連続ショット体験編>
ケノンには、トリアにはない『連続ショット』という機能があります。連続ショットは、ワンショット、3連射、6連射と選ぶことができ、連射数が多いほど、肌への負担も少なくなるので、肌が弱い人、初めてで不安な人は3または6連射から始めてみることをおすすめします。この連続ショットによって微妙な微調整が可能になるので、痛さとレベルを自分好みに調節できちゃいます♪ 例えば、「レベルは落としたくないけど、痛みは少なくしたい」なんて時には、この連続ショットが使えます!!この連続ショットで一つ注意したいのが、連射した分だけカートリッジを使ってしまうということ。ワンショットの方が効果が高く、省エネということを覚えておきましょう。



使い勝手は?重さの比較

<ケノンとトリアの重さ比較>
ケノンの本体重量は1.6kg、ハンドピース自体は120gで、だいたいスマホくらいの重さです。グリップは、手にフィットする感じで握りやすく、重いと感じることはありません。通常モードの場合は、背面のボタンを押しながら、自動モードの場合はボタンを押さずに肌に押し付けるように当てながら照射していきます。その他の細かい設定などは、本体についている画面で操作していきます。使い方はいたってシンプルで、初心者でも簡単に脱毛ができました!一方、トリアの重量は、548gで、500mlのペットボトルよりわずかに重いぐらいです。グリップ部分がカーブしているので、手に当たりやすく、体感的には少し軽く感じますが、ケノンと比べるとかなり重たいですね。筋肉痛になったという声も少なくありません。これを30分、1時間もやっていたらやっぱり疲れますよね。



ケノンの口コミ

◆◇全身に使えて便利です
(N.Sさん 広告代理店勤務 20代女性 東京都)

今までエステサロンで脱毛をやっていたのですが勧誘がひどいこと、そして予約が思うように取れないので困っていました。しかも全身の脱毛をすれば、費用もとても高くつきますから、口コミで評判のよかったケノンを購入してみました。全身に使用できるので本当に助かっています。 使った後の感じはエステとほとんど変わらない仕上がりですから満足しています。

◆◇ヒゲに使えて便利
(S.Oさん メーカー勤務 30代男性 大阪府)

僕はひげがとても濃いのが悩みでした。朝きちんと手入れしてから出勤するのですが、午後から営業に行く前に、昼休みにはすでに青くなっているので、トイレでヒゲの処理をまたやってから出かけなければいけませんでした。 肌が弱いのでカミソリ負けもしていて、1日に2回も剃っていたので、本当に大変なことになっていたのですが、ケノンに出会ってからは1日に2回剃らなくてもよくなりましたし、剃った後肌がすべすべになってカミソリ負けしないので嬉しいです。

◆◇アンダー処理に最適です
(C.Kさん モデル 20代女性 東京都)

モデルの仕事をしているのですが、水着になることも多く、アンダーヘアの処理には困っていました。ケノンはアンダーヘアの処理もできるのでとても便利です。今では手放せない存在になっています。これからもきっとお世話になると思います。カミソリやハサミなどでアンダーを処理していたときが嘘みたいに、とても処理しやすくて本当に助かっています。もっと早く知っていればよかったです。

◆◇剛毛が半年で薄くなりました
(A.Sさん 公務員 20代女性 広島県)

家庭用脱毛器は効果がないと聞いていたので半信半疑だったけど、口コミが良かったので購入しました。半年間、週に一度くらい使い続けて、剛毛がかなり薄くなりました。サロンに通うのはちょっと恥ずかしいし、お金もかかるのですごく助かります。

◆◇脱毛サロンよりコスパがいい
(T.Aさん 不動産関係 30代女性 大分県)

もともと毛深く、脱毛サロンで顔脱毛も全身脱毛もしたかったのですが、金額が高すぎると思いこちらを買ってみました。カミソリと違って肌荒れもせず、顔の毛穴が小さくなって肌自体の状態もよくツルツルになりました。いい商品だと思います。

◆◇ひげ用に使っています
(S.Kさん 教員 20代男性 兵庫県)

濃い髭を処理するために使っています。電気カミソリを使っていましたが、処理が追い付かないので・・・髭が薄くなり、毎朝とてもラクになりました。痛みも特に感じません。

トリアの口コミ

◆◇少し痛い
(M.Yさん 公務員 40代女性 山口県)

出力を調整すればよいのですが、私は少し痛いです。また、レーザーの照射範囲が狭いので何回も行わなければならず、痛いのに加えて処理に時間がかかります。脱毛効果には満足しています。

◆◇わりと綺麗に処理できます
(H.Sさん アパレル勤務 30代女性 栃木県)

予想以上に綺麗に脱毛できて満足しています。ただ、少し重かったです。

◆◇痛いけど効果抜群です
(M.Yさん 飲食店勤務 20代女性 神奈川県)

アンダーヘアの処理に使っています。サロンに行くお金がないので、少し痛いですが我慢して自分で処理していますけど、安心して水着になることができるので、満足してます。痛みは慣れてきました。

◆◇VIOに使うと痛いかも・・・
(Y.Oさん タレント 20代女性 東京都)

仕事柄、水着になることも多いので日ごろから自己処理しておく必要があり、ケノンとどちらにするかを悩んで、レーザーの方が脱毛効果が高いのではないかと考えて、トリアを購入しました。綺麗に脱毛できるのでサロンに行くお金は浮きますが、VIOの処理は少し痛いかもしれません。

◆◇脱毛サロンに行く前に使えばよかった
(F.Nさん サービス業 40代女性 京都府)

どちらかというと毛深いので脱毛サロンに通っていたのですが、お金がかかるので、いろいろ調べてトリアを購入しました。脱毛サロンに行く前に使えばよかったです。

◆◇2年以上使っています
(A.Mさん 教員 30代女性 埼玉県)

途中、間が開いたりもしましたが、2年以上使っています。トリアを使う前は電気シェーバーで自己処理していましたが、今は、ほとんどシェーバーは使いません。よく痛いといわれていますが、私は大丈夫なので、痛みは人によるのだと思います。脱毛効果は高いので、脱毛を考えている人にはおすすめです。

エステvs家庭用脱毛器!私がエステより脱毛器にハマった理由

私も脱毛エステサロンに通っていた時期がありました。ではなぜ家庭用脱毛器に切り替えたのか、理由を思い出しながらまとめてみました。

1.時間が自分の思うまま

キャンペーンにひかれてエステ脱毛を体験したものの、2度目以降の予約の取れないこと取れないこと!しかも対応悪いし、時間が空いてしまうことで思うような脱毛結果がでないまま…。

お金をかけるからにはきちんとした効果を出したい。勝負時を逃したくないから、やっぱり自分でやってみよう、というのが始まりでした。

忙しいながら、脱毛器なら自分次第で取り組めるのが非常にいいところです。せっかく「そろそろエステサロンいくかー」となって電話したのに、予約がいっぱいだったときのテンションの落ち込みやイライラが無くなりました。

2.エステより低価格

エステに行ったら弾丸のようなセールストーク。ワキだけのつもりが全身脱毛、さらに痩身を勧められ、化粧品まで・・・。気の強い人なら大丈夫だと思うのですが、私みたいに断るのが苦手な方は予想以上にお金がかかってしまうことも。脱毛器なら値段がはっきりしていて安心ですよね。

3.家庭用脱毛器だって恥ずかしい

ハミ毛が気になるビキニライン、どんな体勢で脱毛するのか想像して下さい。 脱毛器でしていてもスゴイ体勢で脱毛するのに(笑)エステシャンにしてもらう勇気ありますか?

いまさら聞けない!?脱毛や脱毛器の仕組み

家庭用脱毛器には、大きく分類して、

(1)フラッシュ型
(2)レーザー型
(3)サーミコン型

の3種類の脱毛方式があります。脱毛方式によって脱毛のメカニズム(仕組み)が全く異なりますので、それぞれの脱毛方式の特徴と、その長所と短所とを徹底解説します。

フラッシュ型

フラッシュ脱毛は、ほとんどの脱毛サロンが行っている光脱毛と同じで、脱毛器ではIPL脱毛と呼ばれるものが採用されています。IPLとは、Intense Pulsed Lightの略で、光の種類を指します。光が広範囲にわたって、黒いメラニン色素に直接働きかけることによって、毛根を弱らせ脱毛を促してくれます。レーザーと比べ、光の威力が抑えられているため、肌負担も痛みも少なく済みます。カメラのフラッシュライトのような光なので、フラッシュ脱毛と呼ばれているんですよ。

エステなどでは、IPLは美肌治療器として、しみ・そばかす・ニキビ跡の治療、しわ・たるみの改善のために使用されていたことからもわかるように、IPLの良いところは、美肌効果も期待できるという点です♪

レーザー型

レーザー脱毛とは、医療機関でのみ使用することができるレーザーを使った脱毛のことです。家庭用のレーザー脱毛器は、主に美容皮膚科などの医療機関で使われている、医療用レーザー脱毛器を家庭用に出力を落としたもの。こちらも、フラッシュ式と同じように、レーザーがメラニン色素に反応して脱毛効果が得られるという仕組みです。レーザー脱毛の特徴は、短期間で永久脱毛を目指せるという点ですが、フラッシュ脱毛に比べて痛みが強く、人によっては照射部分が赤くはれてしまうこともあるので、使用には注意が必要です。

サーミコン型

聞きなれない方も多いかもしれませんが、フラッシュ型とレーザー型のほかに、サーミコン式脱毛というのもあります。サーミコン式は、簡単に言うなら、高性能のカミソリのようなかんじ。これは脱毛ではなく、除毛ですので、すぐに毛が生えてきてしまうため、そのたびに処理しなければいけません。通常のカミソリよりもきれいに、肌負担をかけずに深いところまで毛を処理できるため、一時的にきれいになりたい時やイベント事の前などに使えます。

【体験日記】私と家庭用脱毛器

20代後半のOLです。
普段仕事が忙しく、定期的に脱毛サロンに通う時間がないので、ケノンを購入しました! 全体的に毛は濃い目で、ケノンできれいになるのか不安でしたが、なんとこんな私にも目に見える効果がありました!2週間に1回のペースで、現在6回目です。 脱毛部位はワキ、腕、脚。

1回目(5月1日)

初めてのケノンでの脱毛。説明書を見なくてもわかるくらい、簡単な操作方法ですぐに慣れました!

最初は手始めにレベル6のシングルショットからスタート。全然痛くないのでレベル8まで上げてみました。少しパチンとした痛みがありましたが、まだまだいけそうです。保冷剤で冷やしながら、思い切ってレベル10まで上げてみました。冷やせば全然痛くありませんでした。

とりあえず、腕の裏側やふくらはぎの裏など、手が届きにくい部分には苦戦しましたが無事終了。

2回目(5月15日)

1回目の脱毛から2週間。エステ脱毛などの口コミでよく見る、毛がスルスルと抜けました~といったことはなく、普通に生えてきてます(笑) 

でも最初から効果が出るわけはないと言い聞かせて、せっせと照射。今回もレベル10のシングルショットです。試しに保冷材なしでやってみましたが、痛い・・!!!やっぱり保冷剤で冷やすのと冷やさないのとでは全然違います!

3回目(5月29日)

2回目の照射から2週間経ちましたが、少しですが毛が生えてこない部分が現れ始めました。毛の濃さは、変わってません。。。私の剛毛はきれいになるのか不安になってきた・・・。とりあえず、変わらずレベル10で照射。今回は、指毛も一緒にやってみました。

4回目(6月12日)

3回目の照射が終わってあることに気付きました!2週間処理してなかったのに、腕の毛があまり生えてきてない&薄くなってる!!これはびっくり!ワキと脚も所々生えていない部分があります。ちょっと効果が出始めて嬉しい♪

5回目(6月26日)

4回目で効果が出始めたので、5回目の照射が楽しみでした!さらに毛の生えてこない部分が増えて、毛穴も目立たなくなってきたような気がします。ワキはまだらに生えてきていますが、腕と脚はかなり毛量が減り、ほとんど気にならないくらいにまでなりました。あんなに剛毛だった私の肌が、ツルツルになってきたなんて信じられない!ケノンの力、恐るべしです。

6回目(7月10日)

ケノンを始めて2か月がたちましたが、効果の早さに驚きを隠せません。腕と脚は、2週間放置していてもほとんど気にならなくなりました。ワキは、あともうちょっとかかりそうですが、確実に毛は減ってきているのを実感しています。

正直、ここまで期待していなかったので本当にびっくりしています!思い切って投資して正解でした。これからは、背中やVIOも自分でやってみようと思ってます。

好きな時に誰にも見られず自己処理できるから気楽でいいですね。今後また少し生えてきたら、サロンだと再契約だとか色々面倒ですが、ケノンがあればサクッと処理できちゃうと思うと本当に買ってよかったです!

まとめ:脱毛器の選び方と私のオススメ

私が考える家庭用脱毛器を選ぶときのポイントは、

(1)ランニングコスト
(2)痛くない
(3)脱毛効果

の3つです。

ケノンは、ランニングコストが安く、痛くありません。また、他のサイトでも紹介されていますが、私が試した5種類の家庭用脱毛器の中でもケノンの脱毛効果は抜群でした。 5種類の家庭用脱毛器を実際に試した結果、私が、これから家庭用脱毛器を買おうとしている方におすすめするのはケノンです。

お得なキャンペーンをチェックする

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ